これからのコピー機は費用対効果を厳しく見積もり用途に応じて使い分けて考えることが求められるかもということ

コピー機にお世話になった私の青春
コピー機にお世話になった私の青春
コピー機にお世話になった私の青春

これからのコピー機は費用対効果と用途に応じて使い分けるべし

これまでのコピー機というのは個人所有ではありえない時代でありまして、設置されているのはオフィスや図書館が一番目、その次にコンビニ設置の順に進んできました。つまり自宅でこの機器を設置して使用する人はあまりに機器が大きすぎること、そして機器自体の価格あるいは毎月のリース費用が高すぎるのでいませんでした。従いまして何かしらコピーの用事ができたらコンビニや図書館などに出かけて慣れない作業に悪戦苦闘しながら作業をしていたものでした。

しかし最近は家庭用プリンターにコピー機能が搭載された複合機が開発され、価格も低減して2万円程度で買える時代になりました。そして家電量販店での売り場は昔ながらの単純なプリンターは売っていても目立ちにくくなり、複合機が売り場のメインに躍り出てきました。そのため単純にコピーだけするならばコンビニや図書館でお金払いながら利用する価値はなくなりました。そのためコンビニのそれはいずれ利用者激減で衰退してなくなるのではないかという懸念がありました。しかしコンビニにあるそれは家庭用にはないいろんな機能を備えて生き残りを賭けています。それは単純にコピーやプリントやスキャンだけの機能だけでなく、高速バスや航空券やコンサートなどエンタメ系のチケットの前売り券などが買えるほか、場所によれば自治体の住民証明書などの取り寄せも市役所の窓口を介さず出来たりするのであります。しかもこれらの作業は解りやすい解説とカラーボタンで適切に誘導してくれるので家庭でインターネットにアクセスして発券するよりかはずっと手間がかからずにやりやすくなっているとも言えるのであります。ゆえにこれからの時代は用途に応じた使い分けをしたり、手間暇など費用対効果をよく考えて使い分ける必要があるのであります。

レンタル故障メンテナンス購入してしまうと、全てを自分たちでケアしなければいけません、。インクであるとか、故障の際の修理の依頼などです。レンタルの場合は、毎月メンテナンスに来てくれる会社のスタッフの人がいるのでなにかしらやってくれますし、インクもそろそろなくなるだろうというころに送られてきます。学校関係や塾などのプリント類を大量に使用するオフィスでは、コピーの機械はよくヒートオーバーして止まってしまいます。また紙が詰まってしまったり変なところにインクがつくようになってしまったりと、エンジニアの人をしょっちゅう呼ぶようになるので、ちょくちょくチェックしてくれるレンタルは気が楽でいいと思います。

関連サイト

Copyright (C)2017コピー機にお世話になった私の青春.All rights reserved.