タイのオフィスで利用するコピー機はレンタルもでき、何年か継続するとその機械を引き取ることもできます。

コピー機にお世話になった私の青春
コピー機にお世話になった私の青春
コピー機にお世話になった私の青春

タイでのコピー機の利用について

わたしは現在、タイのばんこくのオフィスに勤務しています。ここでは、大きなコピー機が2台ありますが、それは大手の会社のものをレンタルしています。ホッチキスをとじてくれる機能がついていたり、何枚かセットでコピーしたものを出したときに、ずらして出してくれる機能がついていたりすると、かなり高額な機械になり、自動車1台が購入できる金額になります。それを購入することができる余裕のある会社なら、購入してもいいと思うのですが、立ち上げたばかりの会社であったり、コピー機にそれだけのお金をかけたくない会社はレンタルがおススメです。

レンタルしていることでメリットがあるのは、毎月その機械の使用率チェックとメンテナンスにコピー会社の人が着てくれることにあると思います。レンタル料とコピー使用料というのがかかってきて高くつくような気がしますが、のちのち元がとれるようになってきます。元が取れる、というのは、何年かレンタルで利用していると、たとえば7年継続利用で引き取り可能になるというサービスもあります。結局購入するのも同じになりますが、分割で支払っているような感じになります。

便利が機能がついているものとしては、コピー終了時に教えてくれるものです。サーバから各パソコンに連動していて、その人に修了の通知をしてくれます。パソコンにその通知が来てから取りに行くことができます。大量に印刷するときでも一旦仕事をして、その後に取りに戻ることができます。重要な書類の場合には特にこの通知は便利になります。社内としても機密なこともあります。置きっぱなしにならないようにしなければいけません。

関連サイト

Copyright (C)2017コピー機にお世話になった私の青春.All rights reserved.